「描けない!」の解決策

こんにちは、笠原です。

今日はイラストを描いていたら一度は経験するであろう

「描きたいのに思うように描けない!」「頭の中にはアイデアがあるのに実際に描くと何か変!」

と感じた時の私なりの解決策を紹介していきます。

 

この状態になってしまったときには、だいたい2つの原因があります。

一つは「インプット不足」もう一つは「アウトプット不足」です。

 

インプット不足は、技術はあるのに描こうとしてるものに対して知識が足りていない、自分の中での解像度が低い状態です。

インプット不足の時の解決法としては、描きたいものの資料を充実させる、描きたい雰囲気に近い映画や他作品に触れインスピレーションを受ける…など。

 

対してアウトプット不足は、知識はあるものの実際に「描く」作業が足りていない、練習不足のため技術が追い付いていない状態です。

アウトプット不足の時の解決法としては、インプット時に集めた資料や、他作品を見た際に印象が強かったシーンを模写してみる、そこからさらに自分の絵柄に落とし込む…など。

 

「インプット」「アウトプット」両方のバランスが取れていないと、先述にあった「描けない状態」に陥りやすいです。

どちらが不足しているのか考えてから、紹介したような解決法を実践すると「描けない状態」から抜け出しやすいかと思います。

もちろんどうしようもなく描けなくなってしまうこともあると思います。

そういう時はいったん絵から離れて休んでしまいましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

難しい話に感じたかもしれませんが、自分の「描けない!」の状況を一度冷静に分析してみると色々わかることがあると思います!

困ったときには「インプット」と「アウトプット」を思い出してみてください。

笠原でした~!

 

ミライク・カラでは季節のイベントやトレンドに合わせたテーマに沿って、色々な商品を制作して販売しています。

未経験の方も安心して始められるよう、丁寧にサポートしています。

陶芸、イラスト、雑貨制作、Web制作などのカリキュラムをご用意していますので、ご興味のある方は011-299-7272までお気軽にお問い合わせください!!

関連記事

  1. サンタの絵付け

  2. レインボー

  3. プラバンアクセサリー~切る作業編~

  4. ミライク・カラ開所いたしました

  5. 手びねりについて

  6. イラストコース