アナログとデジタルでイラスト描いてみた!

こんにちは笠原です!
早いもので11月も後半戦となってしまいました!
毎年この時期になると意味もなく急に焦ってしまうのは何なんでしょうか…( ・ᴗ・ )

さて、今日は久しぶりに絵を描きました✐☡
下書き~線画とベタまでをアナログ、効果~仕上げまでをデジタルとハイブリッドに作業を行いました!
作業中の写真をちょこちょこ撮影したので解説とともに載せていきます~!

①下書き
まずは下書きです。
easy poseというアプリを使って人体を描くのを時短します。
今回は落書きなのでてきとうにポーズを設定しました。

②線画
下書きが終わったので線画を描いていきます。
下書きのイラストの上に本番用の紙を貼り付け、
トレス台を使用して下書きを透かしながら線画を描きます。
(消しゴムをかけて線が薄くなるのが嫌なのでこういうやり方をしています。)
線画は久しぶりにつけペンを使いたくなったので丸ペンと墨汁で描きました。

③ベタ
線画が出来ました。
ベタ塗りの作業をしていきます。
はみ出さないように細めのマジックペンで周りを縁取ってから中を塗りつぶします。
にじまないペンがおすすめです。
ついでに少し線画加筆しました。

④スキャン
本当はこのままアナログで仕上げようかとも思ったのですが、
顔のバランスが納得いかないのでデジタルでどうにかすることにしました。
CamScannerというアプリを使って、iPhoneで撮影してスキャンします。

⑤加筆修正~背景効果など
ここからはiPadで作業しました。
スキャンした絵をProcreateというアプリで開き編集します。
作業の経過を録画していたつもりだったのですが出来ていませんでした…。
なのでいきなり完成します。
完成後PCに移動し、少しだけCLIP STUDIOで調整しました。

工程を1枚にまとめました。
線画の状態と完成でかなり顔が変わってます。
私は線画の作業があまり得意ではないので、
線画の上からゴリゴリ描きこんで整えていくことが多いです。

アナログとデジタル併用でのイラスト制作いかがでしたでしょうか?
スキャンの後の調整が慣れるまでちょっとだけ大変ですが、
私はアナログのざりざりした線が好きなのでよくこのやり方で描いています·͜· ♡
アナログとデジタルの良いとこどりが出来るので楽しいです!
「いきなり全部パソコンで描くのはちょっと…。」
という方にもおすすめですよ~!

ミライクカラでも一人一人に合わせた制作方法をご提案しています。
気になった方はぜひお気軽にお問合せください~!

ミライク・カラでは季節のイベントやトレンドに合わせたテーマに沿って、色々な商品を制作して販売しています。
未経験の方も安心して始められるよう、丁寧にサポートしています。
陶芸、イラスト、雑貨制作、Web制作などのカリキュラムをご用意していますので、ご興味のある方は011-299-7272までご連絡ください!!

関連記事

  1. 作業台が完成しました!

  2. 新しい釉薬増えました

  3. 普段のイラスト制作

  4. 雑貨制作体験受付しております

  5. 避難訓練

    避難訓練を実施しました!!

  6. 羊毛フェルトボール制作~羊毛の丸め方編~