かっこいい手の描き方

こんにちは、笠原です!

今日は描くのが苦手な方も多いであろう

「手」の描き方をざっくり解説していこうと思います!

まずは男女の手の描き分けです。

こちらの資料は実際にイラスト制作を行っている利用者さんのために用意したものです!

●女性の手→細くしなやかなイメージ。
 全体的なシルエットは縦長で、節や筋などもあまり強調しすぎずに描くと◎。

●男性の手→角ばっておりゴツゴツとしたイメージ。
 関節などをやや大げさに出っ張らせたりと、太目の骨感を意識すると◎。

とはいえ性別関係なく形には個人差があるものなので、一概に「絶対にこう描くべき!」とは言えません。
自分の作風にあわせること、描きたいと思う理想の手のイメージをしっかり持って描くことが大事です。

 

次はポーズを付けた手の描き方です。

こちらも実際にイラスト制作を行っている利用者さんのために用意した資料です!実際に撮影した手の写真を基に解説しています。
握りこぶしなどポーズを付けた手を描くのは一見難しそうですが、手順を追うと描きやすいです。

【①大まかなシルエットを取る→②パーツを分割する→③細部を調整する】
といった手順です。(画像左下参照)

手の平から手の甲まで、見えていない部分もどんな風に繋がっているのか意識して描きましょう!
あとは想像だけで描こうとせずに、自分の手を撮影したりしてしっかりと参考資料を用意することも大事です。

 

手が上手に描けると、イラストのクオリティがグッとアップします!

はじめは難しいかもしれませんが、何度も練習を繰り返して描けるようになってみましょう~!

 

ミライクカラでは、「〇〇を描いてみたいけど描けない…。」といった相談も
こんな風に資料を用意して一緒に考えたりもしています。
絵を描いたことがない方も、描けるけどもっと上手く描けるようになりたい方も大歓迎ですよ~!見学や体験もお待ちしております!

陶芸、イラスト、雑貨制作、Web制作などのカリキュラムをご用意しています。
ご興味のある方は011-299-7272までお気軽にお問い合わせください!

 

関連記事

  1. 実習生が来ています!

  2. プラバンアクセサリー~切る作業編~

  3. イベントに向けて絶賛準備中!

  4. SUZURI新作追加してます!

  5. プラバンで煉獄さん作ってみた

    プラバンで煉獄さん

  6. アロマキャンドル研究会