粘土の種類

こんにちはにしつじです。
今回はミライク・カラで扱っている粘土の種類についてお話ししようと思います。

主に6種類の粘土を扱っています。

白粘土・・・扱いやすいクリーム色に焼きあがる粘土

赤粘土・・・扱いやすいレンガ色っぽく焼きあがる粘土

白水ヒ粘土・・・粘りがあり電動ろくろで主に活躍します。やや白っぽいクリーム色に焼きあがります。

赤水ヒ粘土・・・電動ろくろで主に活躍します。鉄成分の多く濃い茶色で滑らかに焼きあがります。

白信楽粘土・・・滑らかな感じの粘土で真っ白に焼きあがります。色が映えるので絵の具との相性が良い粘土になります。

黒泥粘土・・・滑らかで扱いは難しい部分がありますがしっかりとした黒で個性的な作品作りに適している粘土になります。

素焼きの様子です。左から白粘土・赤粘土・白水ヒ粘土・赤水ヒ粘土・白信楽粘土・黒泥粘土になります。

本焼きするとこんな感じです。

釉薬によっても様々な表情をみせます。

白っぽい釉薬を掛けると粘土そのものの色が結構反映されます。

茶色や黒色の釉薬を掛けると違いが曖昧だったり分からないモノもあります。

釉薬も色々ご用意しています。機会があればそれもご紹介していけたらと思います。

 

ミライク・カラでは季節のイベントやトレンドに合わせたテーマに沿って、色々な商品を制作して販売しています。

未経験の方も安心して始められるよう、丁寧にサポートしています。

陶芸、イラスト、雑貨制作、Web制作などのカリキュラムをご用意していますので、ご興味のある方は011-299-7272までお気軽にお問い合わせください!!

 

関連記事

  1. 8月もよろしくお願いします!

  2. はじめまして、イラスト担当の笠原です

  3. 秋の収穫祭

  4. 北欧柄ポーチ

  5. 秋のイラスト紹介

  6. イラストコース