秋の空沼岳

こんにちは、陶芸とWeb制作担当の太田です。

すっかり夏も終わって秋になっています。山の紅葉は進んでいるのかなと思って、標高1,251mの山、空沼岳に登ってきました。

標高370mから沢沿いを登り始めて、900mに達する頃、滝の横を登ると大きな沼が現れます。その沼の前に大きな山小屋が建っていて、そこで休憩をしたり泊まることもできます。

沼のほとりは紅葉も進んでいて、水面に反射するその景色が美しかったです。

さらに標高を上げると、また大きな沼が現れます。

こちらの沼のほうが大きいのですが、山の中で大きな沼がふたつもあることが珍しく思います。

この沼を過ぎると、あとはただ山頂を目指すだけ。

 

山頂からは札幌の景色や、周辺の山々、羊蹄山や支笏湖までが展望として広がります。曇り模様でしたが秋の山を楽しむことができました!

関連記事

  1. ジャンさんグループ展のお知らせ

  2. 【Creema】販売開始しました

  3. 近所の公園で

  4. 簾舞小学校・陶芸出張授業(その2)

  5. zyannさんの個展に行ってきました

  6. ズッキーニ