アナログイラスト描いてみました!

こんにちは笠原です!
すっかり遅くなってしまいましたが
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

最近アナログでのイラスト制作をされている方が増えてきたので、
今日は事業所に置いてある画材だけを使ってイラストを描いてみました!

使うのはこちらの画材です。

トンボの24色の色鉛筆と、ダイソーの12色の水彩色鉛筆、消しゴムを使いました。
紙はA6の水彩用紙です。
早速描いていきます!

①下書き

全体を赤っぽい色にしたいので、同系色(オレンジ)の水彩色鉛筆で下書きしました。
筆圧を弱めに薄く描くと消しゴムで簡単に消せます!

②線画(途中)

パーツの色に合わせて普通の色鉛筆で線をなぞっていきます。
朱色で全体をなぞった後、ところどころ消してパーツの色に合わせてなぞり直しました。
普通の色鉛筆でも黒など濃い色以外なら割と消しゴムで消せます!

③線画(完成)

全部なぞり終わりました。
赤~黄系を多目に使いました!
やわらかい雰囲気にしたいので、色の濃くなる部分にも黒は使っていません。

④下塗り

水彩色鉛筆で下塗りしました。
普通の色鉛筆のように使って塗っています。
色が濁らないように組み合わせを気にしつつ、2色((赤+オレンジ)(黄+黄緑)など)を使って塗っている部分もあります。
色が混ざって汚くならないよう茶色などはまだ塗っていません。

⑤塗り1

水で濡らした筆で水彩色鉛筆で塗った部分をなぞります。
いい感じに色が混ざってくれました!
一度乾かしてから濃い色(茶色)の部分も同じ手順で塗っています。

⑥塗り2

⑤番とほぼ一緒に見えますが微妙に色を重ねました。
赤を濃くしたのと、黄色部分にオレンジを足してグラデーションにしました。

⑦塗り3

一度乾かしてから普通の色鉛筆で加筆しました。
線画がぼやけてしまったので再度なぞったり、色を更に濃くしたいところに薄く塗り重ねました。

⑧完成!

微調整してテープをはがして完成です。
水彩感をもっと残したい場合は⑦で色鉛筆ではなく水彩色鉛筆で仕上げても良いかもしれません。
個人的には可愛い表情に描けたので満足です!
ポケモンSVよりホゲータとおまけのカジッチュでした!
私はバイオレットをやっているのですがデザインが良すぎる新ポケモンが多くて楽しんで進めています( ⋅֊⋅ )b
今回はブログ用に版権イラストを描きましたが、
事業所での作業では版権イラストは描くことが出来ないのでご注意です。
 
話がそれてしまいましたが、
水彩系の画材を使うときは
・水分調整(筆に含ませる水分の量、色を重ねるときはしっかり乾かす、色をにじませるときは濡らしたまま)
・混ぜる色の量、組み合わせ(失敗すると濁って汚い色になります)
などを気を付けながら描けると良いです。
 
事業所に置いてある画材だけを使ったイラスト制作いかがだったでしょうか?
24色の色鉛筆と12色の水彩色鉛筆だけでも結構描けるものなんだな~というのが伝われば何よりです!
また機会があればいろいろ描いてみますね~!
 
ミライク・カラでは季節のイベントやトレンドに合わせたテーマに沿って、色々な商品を制作して販売しています。
未経験の方も安心して始められるよう、丁寧にサポートしています。
陶芸、イラスト、雑貨制作、Web制作などのカリキュラムをご用意していますので、ご興味のある方は011-299-7272までご連絡ください!!

関連記事

  1. ハンドメイド体験

  2. 北欧柄ポーチ

  3. 冬も近づいてきました

  4. イラストを刺繍

    雑貨制作とイラスト制作コラボ作品!!

  5. 「描けない!」の解決策

  6. 試作品制作